遠まわしに使うクレジットの方法は簡明です。クレジットカードによって直で購入できない物をそのまま買い込むのではなく間接的に買い付けしていけば得策です。説明が容易なため、はじめに金券のモデルを見ながら解説してみようと考えます。モデルになる男性が一流の服を手に入れたいと思案しているとします。その素晴らしい服を売りに出している場所だとクレジットカード払いが認められません。けれどもVISA、American Express、Diners clubなどのギフトカードを使用すれば払う事を許してくれるようです。そこである若者はクレジットで商品カードを買い取りする事が可能なギフトカード販売店に行きクレジットカードを活用してJCB、American Express、Diners clubなどの券を取り寄せしてみます。使ったクレジットを用いて買ったJCB、NICOSなどのギフト券をショップに携えて向かい購入したかったブランド財布を買い付けたとします。「一体どうしてギフト券で購入した人はそういった手の込んだ手続きをしているのでしょう?」と思う人もいるかもしれませんが、その実この手法を運用するのだったら通常だったら得られることのないカードポイントが得られます。通常、直接お金を使う事で素晴らしいバックを買い付けしたりした場合キャッシングポイントはゲットできませんしVISA、NICOSなどのギフト券をお金で買い付け後に駆使してもカードポイントは貯まりません。でも今説明した事だとMasterCard、Diners clubなどの券をクレジットで買い付けしたという理由で一流のアクセサリーを取り寄せしたときとつりあうような分のカードポイントが手に入れられるのです。これが直接でないようにカードローンを使った状態になっているという根拠で直接商品を買うのでないクレジットと呼ばれている手法です。